借地権の相続税評価

借地権の相続税評価額は「借地が自用地(更地)であったと仮定した場合の評価額」に、国税局が地域ごとに定めた「借地割合」を乗じて算出されます。浮気親権
「借地が自用地(更地)であったと仮定した場合の評価額」については、算出方式に「路線価方式」と「倍率方式」があります。「路線価方式」は、路線価に、土地の奥行距離や土地に接している路線など、土地の状況に応じて一定の補正をかけて評価を決定する方式で、通常はこちらが利用されます。これに対して、路線価が定められていない地域に対して使用されるのが「倍率方式」です。倍率方式では、固定資産税の評価額に、国税局が地域ごとにさだめた倍率を乗じたものが評価額となります。倍率は、売買実例価額や、公示価格、不動産鑑定士らによる評価価格などをもとに決定されています。また、「借地割合」は、売買実例価額や精通者意見価格、地代の額などをもとに国税局が決定しているものです。
相続税評価額はこのような仕組みになっていることから、同じ地域内であれば、地形や奥行きなどで利用価値が低いとみなされた土地や固定資産評価が低い土地は相続税評価が低くなります。逆に、2つ以上の路線に面していて土地の利用価値が高いとみなされた土地や固定資産評価が高い土地などは相続税評価が高くなります。