計算方法

建物を所有することを目的として、地上権や賃借権などを持っている場合があります。これは、借地権と呼ばれる権利ですが、借地権の中には、いくつかの種類があるため、きちんと理解しておかなければなりません。

特に重要な権利としては、借地借家法という法律の第22条に規定されている定期借地権です。土地を利用している間は、それほど定期借地権の細かい内容について意識する機会はありませんが、相続が発生すると、さまざまなことを考える必要が出てきます。

定期借地権については、通常の借地権とは異なる取り扱いがなされることに注意が必要です。原則として、被相続人が死亡した日に、借地人に帰属している経済的利益、および存続期間をもとに評価した価額によって評価することになります。取引価格がいくらであったかなど、細かい数値についても、きちんと把握しておくことが大切です。相続が始まった段階で、書類の確認をすることが大切です。

年金について考える場合、複利年金現価率の数値が大切です。複利年金現価率というのは、希望の年金額を受け取るために、どのくらいの年金原資が必要になるかを計算するために使用するものです。複利年金現価率をもとに、老後の生活資金を算出することができます。

コメントは受け付けていません。