建物所有者に帰属する経済的利益及びその存続期間をもとに評価

建物所有者に帰属する経済的利益と、その存続期間をもとに評価するのが通常方法となっておりますが、実際の評価基準となる項目は残存期間をいかに設定するかによって内容がl変動してまいります。
ここでいう定期借地権についての目的となっている宅地分譲について、一般的な定期借地権における主目的として展開しているのは存続期間における宅地評価との密接な関係について記述されており、課税上の弊害が皆無でない限り基本通達の定めにかかわらず、一部の内容については、評価対象が変動することとなっております。
一般定期借地権とは、公正証書に基づいた書面提示によって借地期間を最低50年以上とした借地期間が満了となることによって借地権が確定的に終了することを指す言葉となっております。
宅地評価が生じた場合は、さまざまな宅地権の保証問題などが付いて回ることになりますが、すべての内容については財産評価基本通達の定めに基づいた適正評価を判断することになります。
なお借地権が伴う遺産相続には弁護士などを立てる理由が多いのも、存続期間が群を抜いていることに起因した内容で問題提起されているのは間違いないところとなります。
ちなみに課税上弊害としての通知がない限りでは、その定期借地権等が確認している課税時期にも影響することになります。

コメントは受け付けていません。