通常の借地権

biss-tool01_l
借地権には様々な種類があり、定期的なものか、一時使用目的か等によって相続税の算定方法が異なります。通常型の場合は、対象となる宅地が権利が付着していない、自用地としての価額に、一定の割合を乗じて求めることになります。この一定の割合は同じような事情の下にある地域ごとに定められており、路線価図や評価倍率表に表示されています。路線価図は路線に面する標準的な宅地の一平方メートル当たりの価額のことで、路線価が定められている地域の土地等を評価する場合に用いられます。例えば、一路面に面している宅地の場合、まず路線価に奥行補正率を乗じ、一立方メートルあたりの価額を求めます。次にこの価額に地積を乗じることで自用地の価額を求めます。最後に、求めた自用地の価額に一定の割合を乗じることになります。これに対し、評価倍率表とは路線価が定められていない地域の土地等を評価する場合に用いられます。評価倍率表は町又は大字名欄、割合、適用地域名、固定資産税評価額に乗ずる倍率等から構成されます。そして、固定資産税評価額に乗ずる倍率等は、宅地、田、畑、山林、原野、牧場、池沼に分けられています。なお、路線価図や評価倍率表は国税庁のホームページから閲覧することができます。

コメントは受け付けていません。